事業内容CREATIVE COMMUNICATION!お問い合わせは03-5261-0526

ピー・ボックスHOME  >  事業内容

P Can! PのことならP/BOX。と、ご記憶ください。
事業内容トップ 営業部門のご紹介 企画・制作部門のご紹介 製造部門のご紹介 ・SPツールのご質問・ご相談 ・P/BOXの求人募集について ・ビジネスパートナーのご提案 などお気軽にご連絡ください。 03-5261-0506 受付:月〜金 9:30〜18:00まで
作品集/Gallery

「作品集/Gallery」

実績豊富なP/BOXの作品集。

効果的なSPツールの企画・制作を支える『各部門の特徴』。

P/BOXでは、お客様との日頃のコミュニケーションを大切にし、種々の案件の基本ニーズの把握、
問題点・課題点の解決に努めております。
「営業」「企画・制作」「製造」の各部門が情報・テーマ・課題を共有し、密な連携を図り、スタッフ一丸で
お客様のニーズに応えた、効果的なセールスプロモーション活動の実現を目指します。

▼P/BOX 各部門の特徴

お困りの案件、何でも解決!? P/BOXでは、SPツールに関する様々なご相談を日々お受けしています。
お困りの案件がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

「いろんな Pとは!?」 P/BOXの主な営業品目をご紹介します。

POP Ad/POP広告
「TVではなく、店で気づいて買う!」店頭が、商品認知の『起点』となった今、メーカーや問屋のマーケティング活動にとって、小売店と一体となった販売促進は、今後ますます重要になってきている。プロモーション活動に効果と効率が一層求められてきているのは、その現れといえよう。商品が氾濫している市場の中では、店舗状況を十分に配慮し、商品の持つ質感やデザイン、使用感などを、ときに的確に、ときにイメージ豊かにアピールしなければならない。
Package/パッケージ
今日の“消費者の時代”に、魅力的なパッケージは、さまざまな角度で検討されなければならない。それはマーチャンダイジングそのものである。その意味で、パッケージデザインは、もはやプロダクトデザイン。特異性を持たせながらもなお、材料の選択から、最終姿のデザイン、流通上の問題など、一貫したポリシーのもとに製作することが求められている。責任を痛感し、各分野との連係を保ちながら製作することが肝要である。
Premium/プレミアム
プレミアムやノベルティに大切なのは、むろんアイディアである。しかしアイディア段階で手ごたえがあっても、いざ製作の段階に入るとコストと納期でダメになることが多々ある。さらに欠陥品が出たり配送時に問題が発生したり、やっかいなことが多い。この“やっかいなこと”をクリアするのがプレミアム製作の最大の問題であり、ピー・ボックスの挑戦課題もここにある。
Printing/印刷
「原稿に忠実に」とは、私たちが印刷発注時にたびたび発する言葉だ。限られた時間内に限りない素材への対応となると、これは意外と難しい。的確な対応を望むなら、なによりも発注指示の仕方に細心の注意を払わなければならない。指示が不的確だと、想像したものとまったく違う仕上がりになる。ピー・ボックスのプリンティング担当ディレクターの辞書に“結果オーライ”はない。
Planning/企画・デザイン
個人の出すアイディアは無限である。しかし、お客様のニーズに応え、対象者の支持を得られるものとなると、第三者としての冷静な判断が必要になる。絞り込み、突き放し、練り直す…そんな試行錯誤の繰り返しは日常茶飯事。その最短距離をつかむためには、前工程をつねに把握して、深い理解から得られる正しい絞り込みが重要である。けっして狙いをはずさないプランが、ここから生まれる。
Presentation/プレゼンテーション
プレゼンテーションで大切なのは、お客様を説得することではない。納得させることができるか否かにある。とくにSPツールにおいては、くどくどした説明抜きに、一目瞭然で対象者に訴えるものを提案しなければならない。そのためにピー・ボックスでは、製作物の説明は極力省き、裸のままでテーブルに乗せることが多い。見てわからないものは、SPツールとはいえないのだから。
Photo/写真撮影
専属のカメラマンとスタジオで、幅広い撮影を可能にしている。妥協のない高品質の写真撮影へのこだわりは、デジタルの時代となった今も変わりはない。必要に応じて、ハイクオリティなデジタル画像修正にも対応している。